住まいのリフォームに便利な商品のご案内や知って得する住宅に関する知識の紹介ブログです

住宅ローン控除!

2011年5月27日 金曜日

いよいよ関東も梅雨入り雨しちゃったみたいですよ。

昨年より17日も早く、平年より12日も早いらしいです。

嫌ですね~汗

でも雨降らないとそれはそれで困るんで文句は言わ

ないようにしなきゃですねあせる

今日は住宅ローン控除についてですアップ

住宅ローンを利用してリフォームした場合も、条件(※下記参照)を

満たしていれば住宅ローン控除が受けられます。これは、年末のロー

ン残高に応じて所得税が控除される制度になります。

年末ローン残高(4000万円が上限)の1%が所得税から控除されます。

控除額が所得税より多い場合には、住民税からも控除されます(ただ

し、上限は9万7500円)。

控除期間は10年間。翌年に確定申告をすると前年分の所得税から戻

ってくることになります。

また省エネ及びバリアフリーリフォームを5年以上のローンを使って行

うと、年末残高の1%または2%が控除される制度もあります。

また、耐震・省エネ・バリアフリーリフォームを行うと工事費用の10%

(20万円限度。省エネの場合に太陽光発電システムも搭載すると30

万円限度)が所得税から控除されます。

さらにこれらのリフォームによって固定資産税の減額も行われます。

住宅ローン控除が受けられる条件ですアップ

■工事費用が100万円超のリフォーム工事である

■自分の居住用にかかわる工事が、工事費用の2分の1以上を占めている

■完成後の床面積が50㎡以上ある

■完成後の床面積の2分の1以上が自分で住むためのスペース

■完成後の家屋は、自分の主たる居住用である

■ローンの返済期間は10年以上

※水まわり設備の交換のみのリフォームなど、工事内容によっては

ローン控除が受けられない場合がありますので、詳しくはリフォーム会

社の担当者、または税務署に確認してください。

ひらめき電球いろいろなケースがございますので、詳しくは税理士さんや税務署に

ご確認くださいね!

こういった控除などの制度は知らないと損しちゃいますしょぼん

上手に活用しましょう!!

住まいの学び舎


コメント » | マメ知識

Back to top